会社概要 | サイトマップ | お問い合わせ

 
  トップページ  
     
   

   

世界中で最も認知されている
教育機関!それがPADI!
パディ
担当インストラクター

TAKAHARU OKA

 

クマス
担当インストラクター

TAKAHARU OKA

 

ジャパンクマス
担当インストラクター

TAKAHARU OKA

HIROKI TEN


   

ビーエスエーシー
担当インストラクター

KAZUO OKAMOTO

 

ナウイ
担当インストラクター

TAKAHARU OKA

KAZUO OKAMOTO

 

シーアイ
担当インストラクター

TAKAHARU OKA

HIROKI TEN



「ライセンス」と「Cカード」について   指導団体について
Cカードの必要性   Cカード取得の流れ
ライセンスのランク    

STEP1

ホームページもしくは店舗からお申し込み
店舗申込の場合
【1】来店予約のご連絡
 (ツアー等で臨時休業の場合がありますので、電話かメールにてご連絡お願いします。)
【2】持参していただく物
 ※写真(4cmx3cm)
 ※申込金(1万円)
ホームページ申込の場合
【1】ホームページの『申込』ボタンから押して、必要事項、希望の日程、支払方法
  (銀行振込、クレジットカード払い)を選択の上『申込確定』ボタンを押す。
【2】「【1】」でお支払方法を銀行振込を選択された方は、指定口座にお振込みお願いします。
  ご入金確認後、申込書類、教材を発送いたします。「【1】」でクレジットカード払いを
  選択された方は、申込書類、教材が運送会社から届きますので、到着時に運送
  会社様にクレジットカードにてお支払いください。

STEP2
学科講習

所要時間 3~6時間※コースにより時間が違います

事前の予習

【1】事前にお手元に届いた学習教材の教科書+DVDにて自宅学習していたできます。
【2】難しい、解らないところは、FAX、メールにてお返事いたします。

来店時

【3】再度、インストラクターにより、安全に潜る為の知識やルールを説明いたします。
【4】学科テストを実施後、間違った問題を復習いたします。


STEP2
プール講習
所要時間 5時間※コースにより時間が違います

プール講習について

【1】ダイビング専用、室内温水プールにて講習いたします。
  いきなり海で講習されるショップもありますが当店では、ゆっくり、
  安全に講習を受講していただく為に温水プールを利用しています。

メリット&デメリット
  室内温水ダイビングプール
メリット 【1】実際の環境に近い講習が受けれる
【2】開放感がある
【1】室内温水なので、冬、雨、雪、でも
  寒くないので長時間の練習が可能
【2】波、うねりがないのでわかりやすく
  練習しやすい
【3】店舗から10分程の場所なので、
  移動時間が短く半日あればOK
デメリット 【1】ダイビングのできる海まで遠い
  移動時間が最低でも往復3時間以上
【2】冬場は冷たい
【3】天候に左右され、中止になることも
【1】施設使用料などコストがかかる
【2】実際の海と環境が違う

海洋実習
所要時間 1日~2日間※コースにより日数が違います 【1】店舗集合後、現地へ
【2】プール講習で練習した事を、再度、海で実践いたします。

STEP2
認定 Congratulation

認定後、1週間程で各指導団体よりCカード(Certification Card)が発行されます。
Cカードライセンス取得後は国内、海外のリゾートでダイビングを楽しむことができます。


  ファンダイビング

買取りフォーム

  【シーアンドシー】
DX-1G
カメラハウジングセット

  【SCUBAPRO】
クラシックサバイバー
(AIR2/4th装備)

  【SCUBAPRO】
MK25AF/S600























 
 
Copyright(C) 2009 TO Co.,Ltd. All Rights Reserved.