指導団体について

「プロストリート」では、「PADI」、「CMAS」、「BSAC」、「JCS」のCカードライセンスを取扱しております。 それぞれ講習内容に違いはある物の安全にダイビングを楽しんでいただけるプログラムになっています。

PADI(パディ)

世界中のダイバーの約60%以上がPADIを選んでいます!世界中で最も認知されている教育機関!それがPADI!本部をアメリカ・カリフォルニアに置き、日本をはじめ世界に7ヶ所のエリアオフィスを配し、世界180ヶ国以上で12万人以上のインストラクターを含むプロフェッショナルメンバーと約4,300以上のダイブセンターと提携リゾートからなるワールドワイドな組織であるPADIは名実ともに世界最大のスクーバ・ダイビング教育機関です。世界最大のダイビングプロフェッショナルネットワーク!ワールドワイドなダイビングネットワークを持つPADIは、ダイバーの楽しむ!学ぶ!磨く!といったキーワードに対し、様々なエリアでPADIプロフェッショナルからのサポートが受けられます。

 

CMAS(世界水中連盟)

CMAS-世界水中連盟は、世界86ヶ国のダイビング団体が加盟する、世界で最も権威のある国際的なダイビング連盟です。全世界に13,500ヵ所のダイビングサービス・ネットワークを誇り、現在までに輩出したダイバーの数は700万人にものぼります。IOC(国際オリンピック委員会)やユネスコをはじめ多くの国際機関のメンバーでもあり、その存在は多方面にわたって知られています。

 

JCS(日本海中技術振興会)

日本海中技術振興会の自慢は、プロフェッショナルなダイビングシステムです。私たちは合理的な教育システムとサービス、誰もが安全で楽しくマスターできる講習プログラムを完成。1986年、時代にマッチした指導団体として、新たな出発を果たしました。そして、国内屈指のベテランインストラクターの賛同集結のもと、わずか十数年で、850余名のインストラクターと180店舗のプロショップを誇る、国内トップクラスの大団体 へと急成長したのです。JCSメンバー(JCS公認スクール&ショップ)日本海中技術振興会の理念にもとづいて、その基準マニュアルを忠実に守り、安全性およびサービスが充分に評価されたJCSのスクール・ショップだけが、JCSメンバーの資格を得られます。 そして、このJCSメンバーのみが、世界で唯一のクレジットライセンスを発行することができるのです。

 

JCS(日本海中技術振興会)

BSACでは、1959年の創立以来、50年以上もの長きに渡って、「Safey First(安全が全てに渡って優先される)」という基本理念を守ってきました。その基本理念の基に開発されたプログラムや考え方は、全てのダイバーに対して安全で素晴らしいダイビングを約束してくれる事でしょう。英国ロンドンで、オスカー・グージェンとそのよき同僚のピーター・スモール、そして多勢のダイビングに興味を持つ同志によって、「水中での探検、科学、スポーツなどの活動と、それらの安全性を促進する」ことを目的に創立されました。発足後、初代会長にエジンバラ公が就任されました。

 
close