「ライセンス」と「Cカード」について

ダイビングの興味のある方や、すでに体験ダイビングをされた方は、聞いた事があると思いますが、
「ライセンス」、「Cカード」についてお話させていただきます。

スキューバダイビングには多数の教育機関「指導団体」という団体が国内、海外に多数存在しており、多少の違いはある物の最終的には安全に楽しくダイビングをする為のプログラムが定められています。その指導団体の教育を受けた認定インストラクターが、ダイビングをする為のプログラムを実施し、基準を満たせれば認定され、認定証が取得できます。このカードの事を英語で「Certification Card」略してCカードといいます。指導団体や地域により「ダイビングライセンス」と呼ぶ場合がありますが、Cカードと同じ物です。「プロストリート」では、国際的に認知されている「PADI」、「CMAS」、「BSAC」、「JCS」のCカードを取扱いしております。

Cカードの必要性

スキューバーダイビングは教育を受け、正しくルールを守ると危険を冒す事はありませんが、一般的にダイビング器材の使用方法、使い方などご存知の方は少ないと思います。仮に身近な人にダイビングをされている方がいたとしても、やはり安全の為にもダイビングの専門機関である指導団体の講習をおすすめいたします。またダイビング時にタンクやシャワー施設などのサービスを提供する「ダイビングサービス」といわれる店舗でもCカード保持者でなければ利用する事ができませんので、現実的にはダイビングをするなら必要でしょう。ただ体験ダイビングの様にインストラクターと一緒に浅瀬でダイビングする場合は必要ありませんので、ダイビングに対して、まだ始めるのを戸惑っている方は、先に体験ダイビングを経験してからでも、遅くはありません。「プロストリート」で体験ダイビングを受講後「Cカードライセンスコース」を受講される場合、割引がありますので、一度ご相談ください。

close